女の子からの告白を成功させるコツは、自分を偽らないこと

女の子からだって告白したいですよね。

告白を成功させるコツ

待っているだけでは、相手を自分のものにできないかもしれません。

ですが女の子から告白するのって勇気が入りますよね。

がっついていると思われたくもないですから。

特に顔をみて告白するのは緊張するでしょう。

だったら、文字で告白して見ませんか?

文字だったら言葉を考えて、その言葉を考えた通りに伝えることができます。

途中で狂うこともないでしょう。

文にするのも苦手だったら、「告白の言葉を伝えるのが難しい」ということを表現してしまうのもいいと思います。

「告白するのは緊張していたし、苦手だけど頑張って想いを伝えてくれた。」

その真剣さが伝わると嬉しさが募ります。

また恥ずかしがりやな女の子が頑張ってくれた。

というポイントに「女の子らしくて可愛い」も愛しさを感じて貰えるかもしれません。

また謙遜する態度を表すことで、真面目さと優しさもアピールすることができます。

恥ずかしくて直接言えないことを後ろめたく思う必要はありません。

また下手にかっこつけたり、ぶりっこする必要もありません。

貴方の真の思いを伝えるのなら自分らしさを大切にしてください。

貴方の言葉で、等身大の貴方で告白してください。

そうしたら貴方の気持ちが彼に届くでしょう。

恋を逃す前に、女性側からプロポーズしちゃいましょう!

女性は、待ってるだけでいいの!!

待ってるだけでいいの

男性から言われるのを待っていたら、いつまでもその時が来ないかもしれません。

ですが女性からアタックしたら、結婚に漕ぎ着ける事だって有るのです。

待っているばかりで、チャンスを逃してしまったら勿体ないですよ。

逆プロポーズをする時は、女性らしさを表せる言葉を選びましょう。

例えば「あなたのそばにいさせて」という台詞は、可愛らしいと男性人気の高い言葉のようです。

それから「ずっと傍にいたいのでお嫁さんにして下さい」のような、甘えている感じの台詞もキュンキュンするみたいです。

男性からのプロポーズは女性を守るという意思を表す物が望ましいですが、女性からのプロポーズは「支えになる」事を表した言い方がベストでしょう。

また言い方も少し声を高めにして、優しく聞こえるように意識しましょう。

その方が女の子らしいトーンになって、さらに愛らしく感じさせる事が出来るでしょう。

それとプロポーズですから、女性からプレゼントを贈るのも素敵です。

プレゼントをする時は男性のプライドを傷つけるといけないので、あまりに高価な物を渡すのは避けた方が好ましいでしょう。