脇の黒ずみをなくしたい!原因は何?

薄着の季節に気になる脇の黒ずみ、毎日のケアで予防できます。

脇の黒ずみをとる方法には、高額なイメージですが、エステや美容クリームを使わなくても脇を綺麗にできてしまいます。

暑い季節のタンクトップや水着を脇の黒ずみのせいで着られないなんて悲しいですよね。

脇が黒ずみの原因は、脇のむだ毛の処理です。

かみそり、毛抜き、ワックスなど脇のむだ毛の処理方法は色々ありますがどれも脇の黒ずみの原因となってしまいます。

脇の下の薄い肌は、とてもデリケートな部分では自己処理後は、皮膚の状態は悪化してしまうのです。

なぜ脇が黒ずみになるのでしょか?

肌にはメラノサイトという細胞が外部の刺激から肌を守る為に働いています。

肌の表面にメラニン色素を形成させて皮膚の深くにダメージがいかないよう働いています。

日焼けの跡に肌が黒くなっていることと同じです。

脇のむだ毛を自己処理後にアフターケアを怠るとダメージが蓄積され、脇に黒ずみが現れます。

毎日のケアで確実に脇の黒ずみを改善させることはできます。

脇のむだ毛自己処理は慎重に保湿やジェルを使ってメラノサイトを刺激せずに炎症を起こさないこの二点がとても重要です。

脇のむだ毛処理の前には、アルコールで消毒し、専用の泡やクリームをたっぷり使い、肌を傷つかないよう心がけましよう。

毛穴に雑菌が入らないよう消毒し、クリームで肌の表面を滑らかにします。

脇のむだ毛処理の後は、脇の部分をよく冷やし炎症を抑え、クリームなどでたっぷりと保湿します。

脇の処理後は肌が敏感な状態ですので紫外線に当てたり刺激をさけましょう。

夏の季節に汗を抑える制汗剤を多用しないことも重要です。

香りがあって使いやすい人気の制汗スプレーですが、パウダーの粒子が脇の毛穴を詰まらせることで炎症を起こしたします。

炎症から皮膚に雑菌を繁殖させ、脇の黒ずみの原因となります。

使用したその日の夜にはしっかり入浴し洗い流すことを心がけましょう。

脇の黒ずみをとる方法
保湿と肌バリアの強化で美脇肌を取り戻す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です